建荷協とは?
建荷協とは、「公益社団法人建設荷役車両安全技術協会」の略称です。
メーカー、ユーザー、検査・整備業者が一堂に
当協会は、建設荷役車両(建設機械及び荷役運搬機械)の検査・整備業と、メーカー、ユーザーなどから構成された団体です。
これらの企業が協力して、建設荷役車両の性能の保持向上と、作業の安全を確保するための定期自主検査制度の定着化及び検査・整備業の振興策などを推進しています。
協会のあらまし
名 称 公益社団法人建設荷役車両安全技術協会
Safety Association of Construction and Loading Vehicles
略 称 建荷協(けんにきょう)SACL
URL http://www.sacl.or.jp/
所在地 〒101-0051東京都千代田区神田神保町3丁目7番1号ニュー九段ビル9階
TEL.03-3221-3661 FAX.03-3221-3665
会 長 酒井信介
設 立 昭和53年12月20日
支部数 47都道府県支部
会員数 4,232社(平成30年6月末現在)
主務官庁 内閣府
本支部所在地
支部の詳細はこちら
ページトップに戻る